• ~サラリーマンパパの子育て教育いろは~

小学3年生の二男の英語学習について:英検5級の勉強をどうするべきか。

小学3年生の二男にどうやって英検5級を教えるべきかについて考えてみました。

 

これまでの英語学習歴

 

これまでの二男の英語勉強歴は、英会話塾や公文などに通ったことはなく、自宅での学習のみ。使用した教材は下記の通り。

・ ベネッセのBE-GOグローバル⇒ これはパソコンに向かってゲームをやりながらレベルアップしていく教材で友人からいただいたもの。あいさつや単語を主に音で覚えることには役に立ったと思う。

・ 兄が勉強した英検5級用の単熟語⇒ 一時期、熱心に勉強をしたので、例えばスポーツや教室、勉強の科目などの単語は結構覚えたかもしれない。といっても、スペルは覚えてないので、読めても書くことはできない。

・ 同じく兄が勉強した英検5級の参考書 ⇒ I play football. のような文章や「彼の好きな食べ物は何ですか。」、「私の父は先生です。」のような内容を教えようとしましたが、英文が読めないこともあるのか、うまく教えて進めることができていません。

・ NHK Eテレの英語番組 ⇒ SUSHI TOWNの時代の「プレ基礎英語」(これはお寿司が擬人化されていて、マグロが少年で主人公というシュールな設定でした)や現在放映されている「基礎英語ゼロ 世界英語ミッション」などをみていたが、あまり理解はしていない。

・ アメリカのティーン向け人気番組、「アイカーリー」を英語で見せたかったが、日本語にしてといわれて、ほとんど日本語で視聴。これはほとんど役に立たなかったが、アイカーリーのドラマは面白くて自分も楽しみに見ていました。

 

現状の英語力と課題

 

ということで幼児向けの英語学習教材はちょっとやったことがあるものの、英検5級の勉強にとりかかることもできていないのが現状です。

兄が英検5級の勉強を始めたのは、小学5年生の後半でローマ字は覚えていたし、英単語もなんとなくしっていたところからのスタートでしたが、二男の場合はローマ字もあやふやで、アルファベットで書かれた文章を読まなければいけないけど頭にまったく入ってこないという状態なのではないかと思われます。

幼児向け教材は、あいさつなどの簡単な文、音楽、歌と単熟語を勉強しますが、そこから英語の文章につなげていくことがうまくできていないのではないでしょうか。

 

今後の方針

 

小学校で外国語の授業が開始されているので、この内容については何を勉強したのか、覚えたのかを確認していきたいと思います。

例えば今日は、英語で1から10までや、Rock, Paper, Scissors, 1,2,3といってじゃんけんをしてきたようです。Scissorsは、シザーと完全に発音だけで覚えていて、しかも、ちょっと違ったりするのですが興味をもっているようなのでやる気を持続させてやあげたいなと思います。

テレビのバラエティ番組でも英語がでてきます。たとえば、「Youは何しに日本へ」や「世界のはてまでいってQ」のはじめてのおつかいなどです。

はじめてのおつかいについては、みやぞんがニューヨークにいるのに「ウェルカム トゥ ジャパン」って日本にようこそっていってたよとげらげら笑っていました。

まあ、上記2つはメインではなく、やはり英検5級を勉強するにはちゃんとした参考書を二男と一緒にやりきらなければだめだろうなと考えています。兄のお古の参考書は、書き込みがあったり回答がされていたりでやるきがでないのかもしれないと思いましたので、新しく参考書を購入してこれから勉強していきたいと考えています。

 

<おまけ> 二男の部屋。ストーンヘンジっぽい。何を考えているのか。

 

 

 

 

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください